MENU
買ってよかったおすすめグッズはこちら▶

【iPhone12 Proレビュー】カメラが夜景に強くなり進化!実際に使ってみた評価は?【評判・口コミ】~iPhone8 Plusから乗り換え~

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

今年のiPhoneの発売は新型コロナの影響があり、いつもより1ヶ月ほど遅れましたが、いいものを発表してくれましたね。

  • 2020年10月23日に「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」
  • 11月13日に「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」

が発売されます。

iPhone12 miniの5.4インチの画面の小ささや、最新のフルスペックが詰め込まれた「iPhone 12 Pro Max」とも迷いましたが、今回「iPhone 12 Pro」を購入することにしました。

Apple初の5G対応スマホで、期待大ですのでレビューしていきたいと思います。

目次

【結論】iPhone12 Proはおすすめできます!

kaitoのアイコン画像kaito

結論から申し上げると、買ってよかった!

  • 6.1インチの有機EL大画面ベゼルレスの見やすさ
  • デザインが変更されおしゃれに!そして持ちやすさも向上
  • 5nmの最先端A14チップ
  • Magsafe搭載のワイヤレス充電
  • 最大20Wの超高速充電
  • トリプルレンズカメラ+LiDARの夜景撮影の強化

正直言うと、iPhone11 Proや11 Pro Maxを持っている人は買い替えは不要で、それ以外のiPhoneを持っている人は買い替え推奨の高機能モデルですね!

kaitoのアイコン画像kaito

完成度が高いのでおすすめ!

関連記事iPhone12|12Proのおすすめケース厳選5選!

「iPhone 12 Pro」のスペック概要

前作のiPhone11Proと比較してスペック比べたいと思います。

まず僕はパシフィック・ブルーを購入。

このブルーの色合いがめっちゃいい!!

iPhone 11 ProiPhone 12 Pro
画面サイズ5.8インチ6.1インチ
チップA13 BionicA14 Bionic
本体サイズ高さ:144.0mm高さ:146.7mm
 幅:71.4mm幅:71.5mm
 厚さ:8.1mm厚さ:7.4mm
重量188g187g
通信4G5G

スペックは最新のA14 Bionic が使用されていますのでサクサク度がマシマシです。

後でも述べますが、大きくなっていますが、軽くなっているし、デザインが変更されたことにより持ちやすさもUPしています!

iPhone12から環境への配慮もあり、外箱が薄く小さくなっています。

それもそのはず、今まで同梱されていたものがカットされているからもあります。

USB-C-Lightningケーブルが入っているだけとなります。

今回から電源アダプタとイヤホンが付属されなくなりました。

電源アダプタは20W対応する小型のものを購入するのがおすすめ!

「iPhone 12 Pro」のデザインは古き良き形へ!

kaitoのアイコン画像kaito

まず、カラーはパシフィック・ブルーにしましたが、これが高級感ただよう色合いで大満足です。

また、丸みをおびたデザインがなくなり初期のiPhoneのデザインに戻りましたね。

このカクカクしたデザインが良いんですよね。

また、ベゼルレス(ふちがない)でディスプレイも全面表示となりますので画面範囲も大きいのも◎

今回フレームにはステンレス素材が採用されており、鏡面加工のようになっています。

kaitoのアイコン画像kaito

高級感がありかっこいい!

傷が付きやすそうですが、カバーをするので問題ないかな。

ayaのアイコン画像aya

今回デザインが元に戻ったこともあり、持ちやすくなりましたね!

ジョブス偉大。

「iPhone 12 Pro」のカメラは一気に夜景に強くなりました!

「iPhone 12 Pro」はiPhone11 Proと同様に3眼のトリプルレンズとなっています。

レンズ構成は超広角+広角+望遠となっています。

後で述べますが、右下の黒いところが今回初搭載のLiDARとなりますね。

iPhone12 Pro
超広角レンズ1,200万画素
F2.4
広角レンズ1,200万画素
F1.6
 光学式手ブレ補正機能
望遠レンズ1,200万画素
F2.0
 光学式手ブレ補正機能
 最大2倍の光学ズーム

広角レンズが11ProのときはF1.8でしたので、今回はF1.6 と一段明るくなっているところが進化ポイントです。

iPhone12 Pro Maxはセンサーも大きくなり、かつセンサーシフト式の手ブレ補正が搭載されることで「さらなるカメラ性能の向上」が予想されます。

LiDARのすごさ

先にiPad Proに搭載されましたが、レーザー光を用いたセンサー「LiDAR(ライダー)」を搭載することになりました。

もともとは自動運転のために採用されている技術で、レーザー光により周囲を瞬時に把握することで自動運転を補助する役割を担っていました。

iPhone向けはそこまでではなく、AR技術の支えるため、カメラ性能を向上するために使用されるものとなりますが、これの恩恵を受けることは間違いない。

LiDARは、Proのカメラシステムの能力もさらに先へ進めます。

暗い場所でも最大6倍速くオートフォーカスができるのがその一例です。

広角カメラでは、LiDARの詳細な深度マップによって、ナイトモードでポートレートが撮れるようになりました。これからは暗い場所でも、Neural Engineが背景を美しくぼかしながら、被写体にピントを合わせてレンダリングします。

https://www.apple.com/jp/iphone-12-pro/
kaitoのアイコン画像kaito

この技術でカメラ性能が上がることが最も嬉しい

ただ、個人的にはiPhoneにAR技術が搭載されたことにより、さまざまなアプリ開発が進むことを期待!

カメラの撮り比べ

夜景がどれくらいにキレイに撮れるのか。
超広角~望遠まで同じ画角でどのように撮れるのか試してみました。

写真から見ても、優秀なのがわかりますね。

色々撮ってみて、加工無しでも、想像よりもキレイに撮れることが判明しました。

A14 Bionicチップで性能UP!

今回のiPhoneに搭載されたA14チップは半導体業界の最先端である5ナノメートルチップが採用されました。

ayaのアイコン画像aya

いわゆるCPU=人間の脳みその性能UPですね!

これにより最先端かつ大きな性能向上をもたらしました。

具体的には「あらゆるスマホ向けチップより50%高速」となったようです。

iPhoneと比べるとiPhone11 ProのA12よりも20%の性能向上と30%の省電力を達成。

Magsafeでワイヤレス充電も快適に。

「iPhone 12 Pro」では置くだけ充電のワイヤレス充電に対応しているだけではなく、
磁力で固定するMagsafeを背面に搭載しています。

別売りのMagsafe充電器を容易するとピタッと最適な位置に固定されてずれることなくワイヤレス充電することができます。

充電しているつもりが、ずれていて充電されていなくて困った。。。

ということが起きなくなるのでありがたい!
しかも15W出力に対応しているので、高速充電も可能ですね!

これを活かした製品が発表される予感がしますので、そちらにも注目ですね。

ただ、漏れる磁石の力が意外と強いので注意しましょう。

「iPhone 12 Pro」の注意する点

冒頭でも上げたが、今回初の5Gに対応しているが、厳密には5Gにも2種類あります。

  • ミリ波:高速通信可能な28GHz帯
  • Sub6:6GHz帯でミリ波より速度は遅い。しかし電波が遠くまで届く

今回ミリ波に対応しているのはアメリカ版のみとなります。

日本で発売されるモデルについては対応しているものはSub6の5Gとなりますので注意が必要です。

とは言っても、Sub6でも十分速いです!
しかもミリ波は電波が遠くまで届かないため、接続維持が難しいため、実用性となるとSub6かもしれません。

どちらにせよ、日本ではまだまだ5Gが使える環境が整っていませんので、「5G」に関しては当分期待できません。

また、キャリアで購入する場合は、5G対応のプランにしなければ購入することができないのも注意点です。

面倒な人はシムフリー版を購入して、今使っているシムを入れ替えるのがベターです。

あとは、このようなご時世なので、指紋認証もつけてほしかった!

マスクつけているとFaceID使えないので。。。。

iPhone12 Proの評判・口コミ

iPhone12 Proの口コミを集めてみました。

デザインの良さやカメラの良さの満足感が高い印象がありますね。

「iPhone 12 Pro」のまとめ

iPhone12Proを使っていますが、完成度が高くていいですねぇ。

夜景もきれいに取れるのでありがたい!

チップも優秀で、今の所言うことなしです。

まだまだ使い切れていませんので、なにか気づいたことがあり次第更新していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自分の体験をベースにガジェット等の情報を中心に発信しています。詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。
問い合わせはこちらから。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる