買ってよかったおすすめグッズご紹介▶

【SOUNDPEATS Capsule3 Proレビュー】ハイレゾ対応のコスパ抜群高音質ノイズキャンセルイヤホン。

今回は中国深センのオーディオメーカー「SOUNDPEATS」より2022年12月26日に発売された完全ワイヤレスイヤホン「Capsule3 Pro」をご紹介します。

前回、Mini Proをレビューしていて、かなりコスパの良いイヤホンだなと思っていましたが、さらに上回るイヤホンが登場しました。

この価格でここまでの性能進化は正直やばいです。

※特別にクーポンコードもいただいておりますので見ていただいた方はさらにお安く購入することができます。

Capsule3 Proの特徴
  • 最大43dBのアクティブノイズキャンセリング機能
  • 日本オーディオ協会の「Hi-Res Wireless」認証取得したカナル型完全ワイヤレスイヤホン
  • 高音質コーデック「LDAC」対応
  • 風切音も低減
  • クリアな通話性能
  • ゲームモード搭載で遅延防止でFPSゲームでも使える
  • イヤホン本体で8時間、ケース込で52時間

ということで、実際に試してみてのレビューをお伝えできればと思います。

SOUNDPEATS Capsule3 Proのメリット
気になる点
  • コスパ良すぎ
  • ノイズキャンセル機能が高価格帯モデルと同等に強力
  • 音質にも特化
  • 装着感もよく、意外と落ちにくい
  • ケース込で52時間でスタミナ満載
  • ワイヤレス充電には非対応
  • 外音取り込み機能はいまいち

本記事はSOUNDPEATS様より商品を提供いただきレビューしておりますが、忖度なくレビューしております。

目次

SOUNDPEATS Capsule3 Proの概要とスペックについて

外箱もおしゃれでかっこいいですね。

本イヤホンのスペックは下記の通りとなります。

製品SOUNDPEATS Capsule3 Pro
防水・防塵規格IPX4
接続方式Bluetooth 5.2
対応コーデックSBC / AAC / LDAC
重量イヤホン約5g×2個 / ケース込み約48g
バッテリー最大8時間
ケース込み最大52時間
ドライバー12mm径ダイナミックドライバー/バイオセルロース振動板採用
充電方式USB-C
装着検出機能
ノイズキャンセリング
外音取り込み
専用アプリ
マルチポイント接続
価格通常価格:8480円
※特別クーポンいただきましたので下記ご参照ください

再生時間もイヤホンのみで8時間、ケース併用で52時間とかなり長時間再生進化しました。

今回はLDACにも対応し、より高音質に特化したモデルとなります。この価格でこのスペックは驚きです・・・

特別な紹介コードもいただきました!

Amazonで使用できる5%OFF クーポンコードとなります。

【CPS3PBLG01】を購入画面にてご利用ください。

※12月26日~1月2日までの期間限定クーポンです。

※お店のクーポン・キャンペーンと併用できます

あや

Amazon商品リンク先掲載の1880円OFFクーポンも併用可能なので、
最終的に6176円となります。

同梱物

  • イヤホン本体
  • イヤーチップ(S/M/L)
  • USB-C to Aケーブル
  • 説明書

同梱物は上記の通りです。

Capsule3 Proの外観について

ケース自体は丸みをおびたシンプルなデザインです。

わでぃ

指紋のつきにくいマットブラックとなります

カラーはブラックのみとなります。

下部には充電端子があります。

USB-C規格ですので嬉しいポイントです。

底面にも丸みがあるため自立はしません。

イヤホンはうどんタイプとなっております。(インナーイヤー型のスティックタイプ)

ケースのマグネットも強力で他製品と比べても同じようにパチっとくっつきます。

上部のゴールド部分はマイク部分となっており、マイク部分もゴールドでおしゃれに飾るのは良いですね。

SOUNDPEATS Capsule3 Proの重量

ケース込で49g
イヤホン自体で9g

公称の重量ともほぼ遜色なく、ケース込みで49gでした。

イヤホンだけでも両耳合わせて約9gと軽いです。

あや

毎日持ち歩くものなので、軽さは大正義です

Capsule3 Proの操作方法

  • L/Rを 2回タップ:音楽の再生・一時停止
  • Rを1回タップ:音量UP
  • Lを1回タップ:音量DOWN
  • Rを 1.5秒長押し:次の曲へ
    ※曲戻りはなし

タッチ操作のカスタマイズには対応していません。

【レビュー】SOUNDPEATS Capsule3 Proを使用して感じたメリット

あれば便利だなという、装着センサー、ワイヤレス充電は非対応となっていて、高価格帯商品の全部盛りではないですが、最も必要な部分である音質やノイズキャンセル性能がめちゃくちゃ良いです。

あえて外観のところで触れなかったのですが、イヤホン自体がかっこいいんです。
このゴールドがアクセントカラーとして高級感にあふれています。

わでぃ

再生時間もケース込で52時間でスタミナ満載モデルですね。

装着感はバッチリ

また、イヤホンをつけてみた感じはこの写真の通りです。

横から見た場合
前から見た場合

インナースティック形状カナル型ですが、装着しても圧迫感もなく、落ちにくい設計になっていて安心しました。

女性が装着しても馴染んでいておしゃれだと思います。

アクティブノイズキャンセル機能が強い!

はい、今回使用してみて、最も良かった機能面がここですね。

わでぃ

実際のところ、安いイヤホンと高いイヤホンで差が出やすいのが音質かノイズキャンセル機能だと思います。

基本的には安いイヤホンは音質かノイズキャンセル機能かのどちらかにしか振れておらず、特にノイズキャンセル機能が弱めだと思っています。

しかしCapsule3 Proは高級ワイヤレスイヤホンに匹敵するレベルのノイズキャンセル機能があると感じました。

イヤホンに設置されたマイクで外音を拾い、”不要な音と逆位相の音”を発生させて互いを打ち消して消音する「アクティブノイズキャンセリング(ANC)」方式となります。これはApple の AirPods Pro や SONY の WF-1000XM4 と同様の方式です。

Mini Proのときも同じことを言ったのですが、時代の進歩は凄まじく、43dBまでカットと謳っている通り、かなりノイズを消去してくれます。

実際に使用していても、電車の中でもかなり周囲の音を消してくれるレベルで、作業する場合にも騒音は苦になりませんでした。

車の走行音などほとんど消えますね。

また、Mini Pro時での弱点であった風切り音にも対応しました。
高級機種のようにめっちゃ強い風切り音はさすがに厳しいところがありましたが、通常時の風切り音も前回モデルよりも改善されており、屋外使用時も使いやすくなりました。

正直、1万円以下でこのANCは驚くべき性能の高さで、個人的には高級モデルにも匹敵する高い性能を誇ると感じました。

LDACで高音質対応

LDACのハイレゾ音源に対応し、1万円以下のモデルながら、最上級のサウンドが楽しめます。

LDACとは
  • SONY独自開発の高音質特化のコーデック
  • 24bit/96kHzでの再生が可能で、より臨場感のあるサウンドで楽しめる

低音域から高音域までバランスの良いフラットな音質で万人受けしやすいサウンドです

どちらかというと、低音重視型と感じます。

あや

この価格でハイレゾ認証を受けている他のワイヤレスイヤホンはほとんど見られないですよね。。すごい。。。

iPhoneはそもそもLDAC未対応なので、対応しているAndroidまたはオーディオ機が必要です。

さらに、専用アプリも対応しており、イコライザーを自分好みにカスタマイズできます。

ノーマルだとフラットな音質ですが、ドンシャリなど自分好みのイコライザーにできるので良いですね。

マイク性能が格段にUP

最近は仕事でWEB会議をする人も多いと思いますが、ENC通話ノイズリダクション対応していてノイズを消して自分の声を届けてくれるので、通話中はよりノイズキャンセリング機能が効いているのが感じられました。

マイク6つも搭載されているのですね。。

帰りの駅のホームでLINE電話をした際に確認しましたが、音声もクリアでよかったと言われました。

接続性も良い

Capsule3 ProはBluetooth 5.2対応しているので、接続性も問題ありません。

人が多い、東京駅が通勤場所なので検証にはピッタリですが、途切れませんでした。

わでぃ

今回はゲームモードにも対応していますので、音声遅延が鬱陶しいゲーム利用者にもおすすめです。

SOUNDPEATS Capsule3 Proを使用して感じたイマイチだった点

コスパ抜群なのは間違いありませんが、価格とトレードオフで仕方がない部分ですが、実際に使用して感じたイマイチだったポイントも紹介します。

正直にレビューすることがモットーですので許してください。

気になる点は大きく2つですので、購入の際の参考ポイントとしてみてください。

ワイヤレス充電がない

まずは、前回モデルと同じですが、ワイヤレス充電がない点です。

最近はワイヤレス充電で充電することの便利さを感じていましたので、あってほしかったな!

ただ、周りの人に聞いてみるとワイヤレス充電する人も少ない感じでしたので、大多数の人にはあまり影響ないポイントかなとも思います。

外音取り込みがイマイチ

音質やノイズキャンセル機能は他メーカーの高級モデルと比較しても肉薄してきたレベルまで昇華されてきて感心しています。

だからこそなのか、完璧を求めるのが人間の性で申し訳ないのですが、外音取り込み機能はまだまだです。

気になったのは逆にこれくらいです。個人的にはSONYのイヤホンでも人と話すときは取外すので、あまり必要ではない機能・・・たしかにAirpodsの外音取り込み機能はすごいと思ったけど・・・・

防水性能が弱くなった

マイク性能やノイズキャンセル性能の大幅UPにより、防水性能は他のSOUNDPEATS製品と比べると少し劣ります。

マイクの大型化により、物理的に制約ができるため

多少の汗や雨に濡れても問題ないIPX4ですが、雨の中でもよく使う人はご留意ください。

SOUNDPEATS Capsule3 Proレビューまとめ

こんな人におすすめ
  • 1万円以下のワイヤレスイヤホンで音質も良くてノイズキャンセルが強力なもの
  • ハイレゾ(LDAC)対応
わでぃ

低価格モデルの中でANCはピカイチになるのでは?
音質もクリアで良いのでコスパ最強は伊達ではないと感じました。

雑音をカットされてクリアな音声だけが相手に伝わるのはめっちゃすごいです。

Mini Proレビュー時は安いので、諦めている性能面もありましたが、今回はかなり改善してきて、音質もノイキャンもかなり優秀に該当すると思います。

もしも、まだ完全ワイヤレスイヤホンを使用していない人で、初めてのワイヤレスイヤホンで悩んでいる人は迷わずこれから試してみれば良いと思います。

SOUNDPEATS Capsule3 Proのメリット
気になる点
  • コスパ良すぎ
  • ノイズキャンセル機能が高価格帯モデルと同等に強力
  • 音質にも特化
  • 装着感もよく、意外と落ちにくい
  • 風切り音にも対応
  • ワイヤレス充電には非対応
  • 外音取り込み機能はいまいち

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最先端のものが大好きな家電おたく。
メーカーで働く生産性大好きなサラリーマンです。
自分の体験をベースにガジェット等の情報を中心に発信しています。
お問い合わせはこちらから。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次