MENU
サイバーマンデーSALE開催中▶

【CURBON by…レビュー】本格レザーのポーチとケーブルクリップが最高!

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

今回はCURBON by…のポーチとケーブルクリップクリップをご紹介させていただきます!

商品をご提供いただき、レビューするPR案件となりますが、カメラマンの間では人気のあるおしゃれな商品が揃っているということで元々気になっていたものばかりですので、今回お声をかけていただいて嬉しい限りです。

そのときに気になっていたのはSDカード入れですが、今回ご提供いただくのは、ポーチとケーブルクリップとなります。

簡潔にいうと、ポーチはシンプルで使い勝手が良い。
ケーブルクリップは「こんなところにもおしゃれに気を使っている」と思わせる細かいところまでの繊細さというところです。

ではでは、レビューしていきたいと思います!

目次

CURBON by…とは

 自分らしさを表現する様々なクリエイターに向けて革小物を中心としたブランド。経年変化を楽しむための植物タンニン鞣しの極上のレザー、本物の真鍮を使ったユニセックスなデザインで展開。全てハンドメイド、全て日本製。

公式サイト

身の回りのものを、良いデザインであり、本当に使いたいものにしたいという思いから始められたクリエイター向けのレザーブランドとなります。

私も普段良く使うものこそ良いモノを使いたいという人なので、すごく共感できる部分が多いです。

上質な素材で作られたものばかりです。

kaitoのアイコン画像kaito

やっぱりいつも使うものだからこそ、いいもの使ってテンション上げたいじゃないですか!

CURBON by…のポーチレビュー

クロムなめしを使用しており、しっとりとした良い革の質感が全面的に出ています。

ayaのアイコン画像aya

触った感じがとても良いし、中もクッション入りでふかふかしています。

柔らかな肌触りと軽さが特徴です!

届いて開けてみた最初の感想は「あれ、これいいじゃないか!」でしたね。

  • 素材:牛革(クロムなめし)
  • Sサイズ:高さ100×幅195×奥行き50mm
  • Mサイズ:高さ140×幅245×奥行き60mm
  • カラー:Black/Natural

なめしとは?

ここでなめしという言葉が普通に出てきましたが、そもそも「なめし」とはどのようなものでしょうか?

kaitoのアイコン画像kaito

なめしとは革を柔らかくする技術です。

そして、革の特徴を左右する大事な工程となります。

動物からは剥いだ革はそのままでは、腐敗し乾燥して硬くなってしまいます。それを防ぐために加工する技術が生まれたというのが経緯となります。

また、現在ではなめしにおいては、下記の2つ方法が主流となります。

植物タンニンなめし
クロムタンニンなめし
  • エイジングが楽しめる
  • 雨に弱い
  • 変色・変化は激しい
  • メンテナンスはこまめに必要
  • 現在流通している革製品の多くに適用されている。
  • メンテナンスはそこまで必要でない
  • 革も柔らかいのも魅力
  • エイジングはほとんど楽しめない

どちらがいいのか、一長一短あり難しいですが、上記のような特徴となっています。
ケアの面倒さ×エイジングをとるか、エイジングはしないが普段使いの良さを取るかだと思います。

外観の見た目もよし!

使っていくうちに気づいたのですが、かなり小さくロゴが入っています。

注意してみないとわからないくらいです。

ブランド名がでかでかと入っているのはあまり好きではないので、このような配慮はありがたいですね。

ayaのアイコン画像aya

また、クロムなめし革なので、傷や汚れに強く、毎日使うようなポーチにはうってつけです。

シボ感もよく出ていて、高級感のある印象を与えてくれます。

1点、気をつけないといけないのが、クロムなめしなのでエイジングによる革の変化があまりないことです。

CURBON by…の商品はヌメ革が多いのですが、このポーチだけクロムなめしなので、エイジングの経年変化がありません。

よって、ナチュラルよりもブラックがおすすめですね。

かばんに入れたりするので、エイジングよりも傷や汚れに強い方が実用的だと思います。

お手入れもそこまで必要でなくなるのもありがたいですね。

また、このキレイな黒とゴールドジップの相性が抜群でおしゃれですね。

中身次第ではありますが、マチ部分があるため、自立することも可能ですので、外出先でも使いやすいと思います。(個人的にはポーチなので自立しなくても問題ないとは思いますが)

内部の収納スペース

外ももちろんですが、中も触った感触が抜群に気持ちいいです。

ポケットも分かれて整理もしやすい点も◎

サイズもSとMサイズがあるのですが、Mサイズだと長財布が入るくらいということでしたので、実際に試してみたところピッタリのサイズでした。

ただ、これ以上は入らない感じでしたので、長財布は入れずに他のものを入れた方がいいですね。

ちなみにSサイズだと少し小さくなるのですが、スマートフォンが入る横幅で、小さいタイプの財布やキーケースなど必要最低限のものを収納できます。

ミニマルに過ごしたい人にはぴったりかもしれませんが、僕はもうちょっと入れたいと思いMサイズにした次第です。

>>ポーチの公式サイト

CURBON by…のポーチの使い方

傷やよごれに強いのはデイリーで使用するものにはありがたいので、メインポーチとして使っています。

また、Mサイズが、僕にぴったりの大きさでした。

だいたい、いつも使用するものが入るので重宝できるなと思っています。

もう少しものは入る感じですが、ぱんぱんになりすぎるのもあまり好きではないので、1軍選手のみに絞っています。

ポーチの中身

CURBON by…ケーブルクリップ

CURBON by…のケーブルクリップは厚みのある極上の日本製ヌメ革を使用しています。

kaitoのアイコン画像kaito

シンプルなデザインに、こちらも控えめなデザインがよいですね。

ポーチと違って、ケーブルクリップはヌメ革ですので、エイジングの経年変化が楽しめます。

なので、僕はブラックではなく、ナチュラルにした次第です。

使えば使うほど味が出て自分らしさを表現でき、とても丈夫な印象です。

ケーブルがごちゃごちゃしていると、他のものに絡まったりとうっとおしいことありませんか?

今どき、モバイルバッテリーを持ち運ぶ人は多いと思いますので、ごちゃごちゃせずに、まとめることができるクリップがあるのはおすすめです。

少しお値段はしますが、どうせ使うなら、おしゃれなものがいいと思いませんか?

このCURBON by…のケーブルクリップはデザインもおしゃれで、自分の所有感を満たしてくれますね。

予想以上のガッチリホールド

留め具のところですが、本物の真鍮を贅沢に使用しています。

使ってみて、わかったのですが、マグネットタイプと違ってガッチリと留まります。

ホールド感は素晴らしいのですが、ガッチリすぎて外すときに少々力が入りますのでご注意を。

両手で外さなければなりませんね。

ケーブルで留めたときのすっきり感は素晴らしい。

先程の写真でボタンがでかでかとありますが、留めたときにはボタンが全く見えないのもよい点です。

まだまだ使い始めたばかりですが、時間が経つうちに良い革の味が出てくれたら良いなぁ。

>>Cable Clipの公式サイト

CURBON by…のおすすめの商品

上記のポーチとケーブルクリップがCURBON by…さんのド定番商品となります。しかし、まだまだおすすめの商品がありますので、そちらも知っていただきたいと思います。

SDカードケース

こちらも日本製のヌメ革と真鍮を贅沢に使用した、SDカードケースではかつて見たことのないくらいおしゃれな一品。

上記のようにTwitterカメラ業界でも話題の一品です。

ayaのアイコン画像aya

SDカードは6枚入るうえ、名刺やカードが入るポケットもあることで使い勝手もよいものですね。

カメラグッズっておしゃれなものが少ないので、このような商品はとてもくすぐられるのではないでしょうか?

こちらもおすすめ!

CURBON by…のまとめ

ポーチもケーブルクリップもですが、「他の人とかぶらない」というのはすごいメリットです。

やっぱり個性は大事です。

また、どちらも高級感があり、いいものを使っているという所有欲求を満たすことができると思います。

身の回りのものは少しいいものを使いたい、おしゃれにしたいという人におすすめできるモノ・ブランドとなります。

また、ブラックとナチュラルの2色展開ですので、カップルで色違いで揃えるのも良さそうですね!

ご購入は下記公式サイトまで!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

自分の体験をベースにガジェット等の情報を中心に発信しています。
お問い合わせはこちらから。

この記事も読まれています

コメント

コメントする

目次
閉じる