買ってよかったおすすめグッズご紹介▶

【自転車旅行】チャリ旅に必要なおすすめグッズ・装備・アイテム

こんにちは。Kaito(@kazuka000)です。

今までチャリ旅を何度かしてきました。

1人で中国・四国地方巡り

そこで会った人と琵琶湖一周

友人と京都⇒伊勢志摩巡り

とある先輩にあこがれて日本縦断旅行をしようと思いましたが、アメリカ縦断に変更したので、できませんでしたが、ある程度の長距離を走ってきました。

そこで普段の街乗りではなく、チャリ旅をしたい人は買うべきグッズを紹介したいと思います。行動の幅が広がるので財布が許す限りあったほうが幸せになれます。

目次

絶対に買うべき自転車グッズ!

まずこちらの記事で紹介しているように、マストアイテムはぜひ揃えましょう。

参考:【自転車旅行】チャリ旅におすすめグッズ・装備・アイテム 

鍵・ロック

前回の記事でもロックは紹介したのですが、普段使い用のため安全性を重視して選んでいます。しかし、これらは安全性が高いゆえに重いんです。

重いと、チャリ旅など遠くの距離を走る分にはとてもつらいです。

そのため、荷物を軽くしなければならないのですが、軽量化できるところはしていきましょう。その第一歩として、ロックも軽くすべきです。軽すぎると安全面が弱くなりすぎるため、これくらいがちょうど良いと思われます。

輪行袋

輪行袋とは、自転車を電車などで運ぶために使う袋のことです。

ちなみにこれでフェリーにも持ち込めます。

これ意外と盲点で、フェリー使ったとき自転車用の値段払っちゃいました。

もちろん輪行袋を使えば無料になるんです。
しまなみ海道を走りたい人が多いと思うので、四国からフェリーを使う場面があれば覚えていてください。

これは僕が買ったやつです。

普通の輪行袋は、前輪と後輪の両方とも外して、少々めんどくさいことをしなければならないのですが、これは後輪を外すだけで完了するのでめっちゃ簡単なのでおすすめです。

kaito

慣れれば5分以内でできるようになります。

これのデメリットは後輪だけ外すのでちょっとでかいんですよね。
電車に乗り込んだときにちょっと周りの目が気になるくらい。

メリットは圧倒的に楽&早い。ということです。

輪行袋を持っていれば、電車に持ち込めるので時間がない時などあまり興味のない地域は飛ばせるので旅行プランの幅が大きくなるのでこれは持っとくべし。

ヘルメット

命には変えられません。

あるのとないのでは大きく変わるので、買っておきましょう。

もちろん高いものから安いものまであります!素材などメリット・デメリットを探せばいくらでもありますが、自分のデザインの好みとフィット感で選べばいいと思います!

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車 ヘルメット FM-8 マットブラック サイズ:M/L (57~60cm未満)
OGK KABUTO(オージーケーカブト)

手袋・グラブ

ロードバイクを運転しているときは、どうしても前傾姿勢になってしまいます。

そのため、握力を存分に消費してしまうため、手袋はあったほうがよいです。

僕もけっこうがっちり握るため、めっちゃ擦れて痛くなることが多かったです。
そのため、グラブを買ったのですが、これがあるだけでだいぶ違います。

かっこよさを求めないなら、軍手でも全然だいじょうぶだぞ!

あと、グラブを買う前に、手のひらのどちら側に負担がかかりやすいか知っとくべき。

というのも、グラブに擦れないようにパッドが付いているものがあるのですが(パッド有がおすすめ)、右側と左側のどちらについているのか確認するように。

※マサキ様ご指摘のように、グローブは重要だと判断したためマストグッズに変更しました。
また、転倒したときのケガの具合が変わることから、夏でも指までしっかりあるタイプのサイクルグローブがおすすめです。

チャリ旅にあると便利なグッズ!

次は必須ではないですが、長距離のチャリ旅にあると便利・役立つグッズを紹介していきたいと思います。

実際にチャリ旅にした際に、持っている人が多かったもので、たしかにあったら便利だなと思った商品ばかりです。

サイドバッグ

サイドバッグなんて買うなら、普通のリュックに詰め込めばいいんじゃないの?

と思うかもしれません。

僕もそう思って、すべてリュックに詰め込んで1週間ほど旅しましたが、上半身への負担がものすごいことになります。

長時間重い荷物を背負って自転車を運転しているとすごいことなりますよ。。。

それでも俺は体力と筋肉に自信があるんだ!という方は普段のリュック一つでいきましょう!

やばいかも。。と思った方は、負担を分散させましょう。

基本的に、ロードバイクでの旅での基本は荷物はすべてロードバイク自体に負担させてしまうということです。

上半身よりも下半身のほうが圧倒的に力は強いのです。

だから、ロードバイクに背負わせたほうが楽なんですよね。

そこでまずは、これ。

サドルの後ろにつけるタイプのサドルカバンですが、こちら(ロードバイクを始めるならこれだけは買うべきおすすめグッズまとめ )でも紹介したパンクキットや工具を入れておくとすぐに出てきて便利です。

こちらは後ろのタイヤにつけるタイプ。

これかっこいいし、あったら便利ですよ!
長距離走るチャリ旅にはおすすめです。
そこまでの距離を走らなければリュックひとつで全然いけますよ。

あとは下のようにハンドルにつけるタイプもあり、カメラとか持っていくなら便利です。

リュックだと一回止まらないと出せないのでけっこうめんどくさかったです。

これなら一眼レフも入るので欲しいなー。
チャリ旅×写真はこれからの流行間違いなしなのでおすすめです。

サドルカバー

長時間ロードバイクを漕いでいるとどうしてもお尻が痛くなります。

そんなときは休憩してもいいのだが、快適な自転車ライフをおくりたいならサドルカバー、すなわちお尻カバーを買うとよい。

痔をもっているならマストアイテムかもしれない。

kaito

これでだいぶしんどさは軽減されるはず。

ちなみに僕は痔ではないですが、やっぱりすぐにお尻が痛くなるので、すぐに買いました(笑)

レーサーウェア

けっこう有名な場所に行く場合は、多くの人がレーサーウェア着ています。

これがかっこいいんです。

しまなみ海道とかほとんどレーサーウェア着ていましたね。

これを着ていると負担軽減されるのでいいですよ!!

個人的にかっこよさ的にPINARELLOかな!

アイウェア(サングラス)

山道や田舎を通るときに、虫が目に入ってめちゃめちゃ痛いことがよくあるんです。

そのため、サングラスがあるといいなーと思ったことはしばしばありました。

単純にあるとかっこいいしね。

そんなに高くないので、気軽に買えます!

キャンプ用テント

日本一周するなど、ある程度長期旅行の場合、経費も浮かすことを考え、キャンプで過ごすこともあるでしょう。

キャンプ用テントがあれば宿泊費が浮くのでよいと思います。

最近はアウトドアでキャンプも流行りなので、何人かでチャリ旅×キャンプもしたいですね。

これも自分の好みで良いと思います。

値段はある程度しますが、日にち×一泊の値段で考えるとこの先も使えるので少々の出費はペイできると思います。

最後に

チャリ旅は重さとの勝負です。

できるだけ荷物は少なくしましょう!!

基本的にグッズさえ揃えれば、あとは普段の旅行グッズでいいと思いますよ!

チャリ旅すると、達成感だけでなく人としても成長できるので普段の旅行とは違った良さを味わえると思います!(もちろん楽じゃないよ)

一つの参考にしていただければ幸いです。

大阪でロードバイク・クロスバイクのおすすめ店・ショップまとめ 

おすすめネットサイト「Wiggle」

上記の二つのお店も非常に優秀だが、自転車・パーツなどを買うなら少し待って欲しい!

自転車自体を買うには上級者にしかおすすめしませんが、部品や装備品を買うときには安い場合が多いのでこのサイトで確認するべきです。

品揃えが豊富で、かつ普通に店で買うよりも圧倒的に安い場合も多い。

Wiggleというサイトです。

人気のサイトでお得なことが満載なので、買う前には確認するべし。

いつも私は確認しています。

ちなみに、自転車自体をネットで買うと、自分で組み立てないといけないことが多いので注意。

弟もここで買って、自分で組み立てていましたが、めちゃめちゃ大変そうでした。

でも良いフレームのロードバイクが格安で買えるのでお得ではあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自分の体験をベースにガジェット等の情報を中心に発信しています。
お問い合わせはこちらから。

この記事も読まれています

コメント

コメント一覧 (2件)

  • こんにちは。(◍•ᴗ•◍)♡
    私もチャリ旅が好きで
    友人と、2年に1度のペースで
     5日間、四国を自転車旅します。
    今回で2回目のチャレンジです。
    kaitoさんの距離に比べたら「お散歩」の
          距離ですが。。。☀☀☀
    今年、行く予定でしたので
          とても参考になりました。
    ありがとうございました。
      ・✿ヾ╲(。◕‿◕。)╱✿・゚

  • こんにちは!
    いやいや、普通にすごいですね!
    四国なら自転車旅だけではなく、お遍路もアツイですね!
    参考になれば幸いです。

コメントする

目次
閉じる